誕生花の紹介を中心とした、ガーデニング・家庭菜園日記

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月4日の誕生花・・・ムラサキシキブ
ムラサキシキブ


落葉性 
低木 原産・日本・台湾・朝鮮半落葉低木。

暖地の山野に生える。
高さ2メートル内外。

葉は楕円形。
初夏、葉腋(ようえき)に淡紅紫色の小花を多数つけ、
秋、球形の液果が紫色に熟す。

実紫(みむらさき)。漢名、紫珠。

○秋に紫色に色づく光沢のある美しい実を鑑賞します。
ひとつひとつの実は小さいのですが
節ごとにまとまって付けるので、
満開時期は非常に見栄えがします。

紫式部の名前は
この実を平安時代の作家ムラサキシキブに例えて名付けられました。

属名のカリカルパは
ギリシア語の「美しい」「果実」の二語から来ています

○鉢植えで売られているものはコムラサキシキブが多い

○冬の間に切り戻しを行います。
どこで切ってもたいがい芽は吹きますが
、あまり短く切りつめすぎると
春か出てくる枝が間延びした感じになり
花付き、実つきが悪くなります。

伸びすぎた枝以外は
できれば枝先を切り落とす程度にしておきましょう。
混み合った部分や枯れた枝は短く切り戻してもかまいません。

さし木でふやすことができます。
その年に出た新しい枝を使います。6月頃が適期

誕生石=エメラルド(emerald)
宝石言葉=幸福

☆今日は何の日☆
ユネスコ憲章記念日

****************************************
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。